"

トップページ > なび千葉 > ツツミ建築設計室 / みなのばファーマーズマーケット

2014/08/20

ツツミ建築設計室 / みなのばファーマーズマーケット

P1230919

みなのば、ファーマーズマーケットの中では異色な、建築設計事務所さんが居た。
この記事は建築に興味のある人向けの記事にします。

実は私自身は住宅リフォーム会社出身で30代の時はバリバリの営業マンから役員になった経緯があるので、住宅については完全な素人では無い。建築も大変面白い仕事では有るのだが日本の場合、保守的な土壌の中で競争の激しい産業なのと土地が狭い為に創造力があまり働かない業種になっている。ただ本当は魅力のある職種の1つだといまでも思う。
思わず色々とツツミ建築さんと話し込んでしまった。

木更津に移住した経緯は、新昭和の建築条件付き土地を売っていた事で移住する事になったのだが、本当に私自身がやりたかったのは建築設計士の人に建築を依頼し、その人の元で住宅を建築する事だった。お金が有ればそうしていたし、今でもそう思う。

建築の考えかたが一致

なぜ、『みなのば』で設計士の方が出店されているのだろう?と思ったのだけど、いわゆる古民家のリフォームやそういった事も手がけていきたいという事だった。

実はそういった発想がこれから重要だと思う。
日本の現代建築は人生の夢と呼ぶにはあまりにも貧困で寂しい状況だ。昔はまだ客間と呼ばれる空間も有ったが今はそれも無い、ゲストが泊まれる部屋も無い家がほとんどの感じだ。住宅はただ生きるための空間化している。楽しめる空間や場所も持てないのが日本の住宅の実情だ。友人のアメリカ人は日本人留学生のホストファミリーをやっていて日本に来た時に色々な家に行ったのだが感銘を受けた住宅は無かったと言っていた。

日本の現代住宅は外国に誇れるものではとてもない。(意見は色々とあるだろうが)
小さく狭く、コミュニケーションも取れず、個室に閉じ籠もる作りの住宅が常識化している。それが自殺とかに結びつく要因にもなっていると思う。日本は住宅が孤独を生む土壌になっている。

これは日本の国策としての都市開発の歴史が影響している。都市の住宅供給に公団を作り、建売住宅を作り、所得に応じた住宅を量産した歴史。設計を単一化して価格を抑え大量の同一規格住宅を作った。いわゆる建売りだ。
それが常態化する事で今の住宅が当たり前になった。

たとえば電気代とかエネルギーの問題を除いて考えれば、アメリカ、カナダ、北欧等、ほとんどの住宅がセントラル空調になっている。ダクトが家中に張り巡らされ家全体の温度管理が出来る。これは考え方だが日本のように各部屋に冷暖房を1つずつ付けるという発想が無い。冬のトイレで脳溢血とかも少ない筈だ。3年ほど前三井ホームがセントラル空調の家を出していたが、まだ日本ではとても一般的では無い。勿論日本のように高温多湿の場所という条件もあるだろうがそれにしても住宅のエネルギー効率が悪い。

例)アメリカのホームデザイン
グーグル画像検索例
http://goo.gl/wYdaRA
(考え方は色々だろうが見てるだけで楽しくなってくる)

昔の農家とかはもっとバラエティに富んだ住宅が沢山有った。建築に関わる人はその事を良く知っている。

古民家は天井も高く、現代風の使い勝手にはなっていないが、ふすまを開けると40帖位の大広間が現れたり、内部のデザインだけやり直せばこれは魅力的な家(外国にも誇れる)ものに様変わりする。もう東京ではそういったデザインが出来る素材は八王子の奥地や青梅以西まで行かないと無いかもしれない。

房総半島はまだまだ古民家の巣窟のような地域も点在している。
本当はそういう場所で交通アクセスの良い場所を外国人向けの宿泊施設とかにすると個人的には面白いと思う。浴衣を着て街を歩いたり、花火をしたり、忍者が出るような街自体をエンターテイメント化すればお金もかからない筈だ。そんな町長や市長や議員が出てくれば面白い筈で、それらは全て街のデザインやプロデュース力にかかっている。
建築はその中で重要な位置を占めていると思う。

建築士は住宅を作るのでは無く、生活を創る。いや人生を創ると言っても過言では無い。
それらは全て生活する人は勿論だが住宅をデザインする人の力量が問われる。本当は街までデザイン出来れば完璧なのだが。。。。

まずは生活スタイルが有って、それに設計でどう適合するかを考える事が大事。
全ての根本は生活スタイルと設計に有ると言っても過言では無い。

日本はハウスメーカーに営業が居て、設計や管理はその背後に居る。
それらの人々が職人を使う。
ところが営業自体は設計や動線や配線等や生活スタイルに合わせた提案が出来る位の力量を持った営業マンは非常に少なく、単に営業は売るための道具にすぎない。寂しい話だ。

設計も画一化し、いわゆる何DKとかから入り設計をするが本当は使い勝手やデザインから入らないと本当に良い家は建たない。

良い家を実現してくれるのは実は設計屋さん達なのだが、彼らは部屋の奥まった所でCADを使い、仕様書とにらめっこしての仕事になる。
もしくはコストと仕様の板挟みにあい、結局無難なありきたりの設計に落ち着く。

しかし、建築士達が強度、建材、建具、設備、排水等に精通した人で有って、本来は彼らに数百万円払って、彼らが管理し、職人を使う仕事が最も良い家を建てる秘訣になる。

ただ、それを知っている人はほとんど居ない。

どうせローンを使うのだから設計士の人々に適切なお金を払う事で、ライフスタイルを実現する設計が出来る。職人達はその設計を実現する仕事になる。ところがそういった慣習が世間に浸透していない為に大量の同じような家が出来上がる。そしてシステム的な生活スタイルが出来上がる。

P1230918

設計士さんに相談しよう

木更津周辺は新築の人々も多いと思う。
外構やリフォーム等の需要も出てくるだろう。

P1230902

ファーマーズマーケットで知り合った設計士さん。
今後の事業ニーズによって相談しようと思う。

なび特派員千葉
新城


トップページ > なび千葉 > ツツミ建築設計室 / みなのばファーマーズマーケット
スポンサード リンク

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »