"

なびシリーズ 地域特派員情報

なび特派員の目的
・地域で製品・サービスの向上を追求する事業者の価値向上を第三者の視点で推薦する事

理由
・ネットではやらせが蔓延し、個人の主観が事業者に影響し始めており公正で中立の意見が必要
情報の管理が必要であるため。

『なびシリーズ』地域特派員

追記 平成25年1月28日
自民党安倍政権になりようやく経済へのテコ入れの本腰が始まりました。
本日、安倍首相の所信表明演説がありました。
これからの国家の方策とネットフロイドが申していた事とようやく問題点の把握とその実行が一致し始めると考えています。
資本主義社会において、事業者こそが車のエンジンなのです。
国家政策が同じ方向を向いた事でこれから日本が変わり始める希望の光がかすかに見えるようになりました。
ネットフロイド株式会社
代表取締役社長 新城賢治

———
ネットフロイド株式会社は日本再生については事業者の活性化が最も重要だと思っています。

日本は少子高齢化が今後益々進み、労働人口が減少。
社会保障費の増大の割に経済的な成長を全くしていません。

主要税目の税収

主要税目の税収

日本人の所得は平成3年と比べ所得税ベースだと半分になっています。
その所得移転はおもに中国や新興国に移転しているのです。
法人税も半分以下、国民も企業も最盛期の半分に没落しています。
この国力の没落により日本の周辺国は相対的に力をつけ、
日本を力で押さえつけようという動きにつながるのです。

この上のグラフからは小泉改革はやはり成功していた、法人利益の所得移転を
労働者にもう少しうまく移転すれば日本は再度成長路線に乗れたかもしれない事が分かります。
しかしそれを潰した勢力がいました。マスコミです。
バッシングをしつづけ総理を辞めさせ続けました。
少なくとも安部、福田まではうまくいっていました。麻生はリーマンショックが有ったために
不幸だったといえるでしょう。

そして政権交代が起き、鳩山から日本の歳出が急上昇し
公債発行も鰻登り。しかし税収は平行線のままです。

ここで勘違いすべきでないのはこれは政府の債務だということです。

国民は債権者だということです。
日本国債を最も買っているのは銀行です。銀行は民間への融資よりも日本国債を買い続けており
それらの原資は皆さんの預貯金になるわけです。
そしてそれが国の借金にどんどん使われる事になっています。

一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移

一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移

この上のグラフが日本の実情を全て表しています。
特に民主党政権になってからのこの3年は歳出が異常に増えています。
先ずこんな企業はあり得ません。完全に倒産します。
利益よりも支出が倍ある企業が生き延びられる訳がありません。

歳出を増やすならば翌年の歳入がかなり上昇すれば
その投資が生きた事になりますが、ここ3年の失政はこれから日本人への足かせとなるでしょう。
頑張る人々が死にものぐるいで頑張り納税したお金がザルに入ります。
いずれ頑張る人々が疲弊し、日本から脱出しはじめるかもしれません。

消費税を上げても、所得税も法人税も増えない場合、国民や事業者の所得から
5%のお金が国に移転するだけの話になります。
消費税では無く、所得税と法人税が上がるような方策、いわゆる経済対策が重要なのですが
民主党政権になり社会保障、いわゆる全くお金を生まない政策に舵を切ったために余計に税収が減り歳出が増えるようになっています。

そして国民が疲弊していきます。老人は今後死ぬから良いのですが問題は若者達です。
私は日本人にその危機意識が全く見えません。
それらは確実に次の世代に引き継がれていきます。
あなたの子供達の未来は暗澹たる未来になり、その責任は今の高齢者や今の大人たちにあります。

ではそれをどうやって防ぐか。

それは所得税と法人税を増やすしかありません。
最終的には貿易黒字を増やす事しかその方法は無いのです。

人口が減少し、労働人口が減り、高齢化し、中国と争う中で成長を実行出来るかどうか。

それはあらゆる事業者が活性化する事、それが重要だと本気で考えているのです。
(JAL再生の稲森さんも同じ事言っています。全ての源泉は人の思いなのです。
その思いが実行を生んでいくのです。失敗しても諦めない。トライアンドエラーを
繰り返し 道筋を作っていくのです。)

少子高齢化が叫ばれて実はもう20年ほど経っています。
しかし、政府は本気で日本の未来を考えていると思えません。
実際の私たちの生活がどうなるのか?
それは私たちの回りが変わらなければ変わらないのです。
国が変わると同時に地方が変わらねば何も変わりません。
その為には私たち自身が変わらねば何も変わらないのです。

ネットフロイド株式会社は雇用を生むというよりも起業を生みたいと思っています。
皆さんが皆さん自身で立ち上がる。皆さんが皆さん自身でやったらやった分の成果を得る。
その為に地域特派員制度を作り、地域情報から日本を再度発展させたいと真剣に思っているのです。

『なびシリーズ』はその為のインフラでした。
より良いお店の情報や貴方の身の回りで素晴らしい考え方をしている人々が必ず居る筈です。
そういう人々よりよい製品とサービスを追求し、皆がそれに引っ張られる事で
もっとこの国は良い国になると信じているのです。

近い将来特派員を募集します。
皆でこの国をもっと良い国に! それに挑戦し続けるのです。

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »