"

トップページ > なび熊本 > 益城復興市場・屋台村 店舗情報 ①♪

2016/08/11

益城復興市場・屋台村 店舗情報 ①♪

【施設名】益城復興市場・屋台村
【フェイスブック】益城復興市場・屋台村←最新情報はコチラで!
【住所】熊本県上益城郡益城町惣領1415(休業中※7月27日仮設店舗での営業再開 の黒潮市場益城店さん駐車場
※総合的なお問い合わせには、益城町商工会議所でお応えいただくことができます。
【TEL】096-286-2551
【営業時間】益城復興市場・屋台村自体の営業は10:00~23:00
【店休日】なし
※営業時間と店休日は各店舗により異なりますが、理容室は2店舗・飲食店は8店舗入店されていますので、とりあえず足を運ばれてみると良いかと思います(^^)
その他詳細はこのページ中の情報を参考にしていただけると幸いです。

《こちらに掲載の事業者さん ※下の店舗名をクリック♪》
中華料理 永龍(えいりゅう)さん
からあげ大吉 熊本店さん
お茶の富澤さん
※以上7月9日掲載
Cafe&Bar MONKEY(カフェバーモンキー)さん
なび熊本Cafe&Bar MONKEY(カフェバーモンキー)さん情報(電話番号)掲載ページにて求人情報掲載中!(8月9日~)
※7月14日追加

↓こちらもどうぞ!
益城復興市場・屋台村 店舗情報 ②♪
(倉本園芸さん・おしゃれ館たかはしさん・歌蔵さん・clever elephantさん)
益城復興市場・屋台村 店舗情報 ③♪
(ヘアーサロンもりかわさん・ヘアーサロンいしはらさん・赤ちょうちんさん)
益城復興市場・屋台村 店舗情報 ④♪
(誠翔さん・雀暮林さん・なかやさん・やまもとやさん・MonCoeurさん・Barny&Barnyさん)
益城復興市場・屋台村⑤♪と黒潮市場益城店情報
(雀暮林(ジャンボリン)さん・キムチの里さん・黒潮市場益城店さん)

~掲載許可は「まちづくり益城」の熊宮代表理事にいただきました~

7.5外観

平成28年6月25日、益城町に『益城復興市場・屋台村』がオープンしました。
熊本地震により本来の店舗で営業ができなくなっている飲食店や理容室など、17店が入店されています。

屋台村中

場所は、同じく地震の影響で休業を余儀なくされている「黒潮市場益城店」さんの駐車場。

特派員もオープン日から何度か足を運び、昼食を食べたり夕食にお弁当やおかずを購入して帰ったりと早速利用させていただいています。

そこで目にするのは、休日のお昼には満席が続くほど活気に溢れた光景。平日も常連や地元の方々らしきお客さんをはじめ、ボランティアや業者の方々などが数多く利用されているご様子です。

店内

現在でも大変な状況に置かれているお店の方々も、「大変だけどありがたい」と生き生きした表情で調理や接客をこなしていらっしゃいます。

すでに足を運ばれた方も多いかと思うのですが、『避難所暮らしだけど何か美味しいものを食べたい』『益城の方の力になりたい』『お店の方を元気付けたい』という想いはあるけれど「まだ利用できていない」という方々のために、この記事では入店されているお店やその商品についてご紹介させていただきたいと思います。

※お忙しいなかで対応していただいている状況ですので、お話をお聞きすることができた事業者さんから順次記載予定ですm(_ _)m

【店舗名】永龍(えいりゅう)さん 
【ジャンル】中華料理
【メニュー】下の画像参照
中華丼・焼きめし・ちゃんぽん・太平燕を1皿600円で提供中
【営業時間】益城復興市場・屋台村営業時間内でおおよそ
11:00頃~14:00(お昼用に準備した材料がなくなり次第)頃
14:30頃~19:00(夜用に準備した材料がなくなり次第)頃
【店休日】なし
※内容は7月7日確認。

永龍さん

熊本の下通りの宝来(現在は閉店)で修行された後、益城町惣領にお店を構えて37年。
地元に愛されながら長年営業を続けていらっしゃいましたが、今年4月の熊本地震で店舗が被災。14日の前震ではなんとか持ちこたえたものの、16日未明の本震で「再開は諦めた」と思うほどの大きな被害を受けられました。

ご自宅も被災し大変な状況のなかでの益城復興市場・屋台村出店となられたわけですが、ご主人にお気持ちを伺ったところ
『とにかくありがたい。復興という面もあるけれど、みなさんに喜んでいただければ。』
と地域へ貢献できていることが何よりも嬉しいご様子でお話してくださいました。

中華丼2

特派員がいただいた『中華丼(上の写真)』はやさしい味付けながら、ニンニクが隠し味のパワフルメニュー。
「中華はスープが命」とおっしゃるご主人なだけに、3種類のダシから感じられる上品で深みのある味わいがクセになりそうな一品です(^^)
たくさんの具材を細かく丁寧に刻んでありますので、時間のない方やお子様、お年寄りなどにもおすすめ♪(特派員的感想)

%e6%b0%b8%e9%be%8d

↑永龍さんのチャーハン(600円)も老舗ならでわの技が詰まっていて、とっても美味しかったです!
(9月16日追記)

『中華料理永龍』さんは、ご主人と奥様により『益城復興市場・屋台村』にて元気に営業中です!



【店舗名】からあげ大吉 熊本店さん 
【ジャンル】からあげ各種
【メニュー】下の画像参照 ※テイクアウト可
骨なしからあげ6個入(500円)・なんこつ(300円)・すなずり(250円)・手羽先1本(600円)で提供中
【営業時間】日によって異なるが、益城復興市場・屋台村営業時間内でおおよそ10:30頃~19:00頃
※午前中は商品が揚がり次第販売開始、用意しておいた分が完売するまで
《その間仕込みを2時間ほど挟んで》
※午後からは当日仕込んだ分が完売するまで
【店休日】なし
※内容は7月7日確認。

大吉さん

被災前は、県道28号線沿い益城町広崎の店舗で営業されていた『からあげ大吉 熊本店』さん。

熊本地震の前震、本震共に店内の大型冷蔵庫が倒れ、その都度ご主人が自力で立ち上げられたのだとか。(特派員も拝見させていただきましたが、通常では成人男性でも起こすのは難しいほどの大きさです。)
被災で使用不能になった店舗からその冷蔵庫を持ち出し、この益城復興市場・屋台村店舗内に設置し使用を続けられています。

「ここでは冷蔵庫などの器具も借りることができますが、大量のからあげに使用する鶏肉を保存するには、やはり大型のものでないと」
そうご主人がおっしゃっていたことを、店頭に立たれている姪御さんからお聞きすることができました。
そのお言葉からは、からあげ大吉熊本店さんのからあげが多くの方に愛されていたこと、ご主人がこだわりと愛情を持ってお店を営業されていたということを思い知ることができました。

なんこつ

その思いは的中し、特派員がテイクアウトして帰った『なんこつ(のからあげ)』は、噛みごたえのある軟骨にしっかりと味が絡まり、程よい具合に衣が揚げられたなんとも美味しいものでした。
おかずにも良し、おつまみにも良しなからあげ大吉熊本店さんのからあげ、今後別のメニューも食することができるのをかなり楽しみにしております(^^)

『からあげ大吉熊本店』さんは、ご主人と姪御さんにより『益城復興市場・屋台村』にて元気に営業中です!

※スマホ等で下の画像が上手く表示されない場合は、パソコン表示にしてみてください。

shouhin からあげパック からあげ
販売の様子 とってもボリューミー ジューシーさも◎



【店舗名】お茶の富澤さん
【ジャンル】自家農園で栽培のお茶の葉・お茶ドレッシング・かき氷の販売 
【メニュー】下の画像参照
【営業時間】益城復興市場・屋台村営業時間内で10:00~19:00
【店休日】なし
【ネットショップ】お茶の富澤
※内容は7月7日確認。

富澤さん

こちらのお茶の富澤さん、なんと創業87年を誇る老舗のお店です。
富澤さんも益城町惣領の店舗とご自宅の両方が被災され、どちらにも『赤紙(応急危険度判定で危険の判断)』を貼られてしまう規模の大きな被災を受けられたとのこと。

幸いにも工場での生産は開始され、営業は益城復興市場・屋台村で再開することができ「うれしいです」とのことですが、地震から3ヶ月近く経った現在でも、危険を伴うご自宅での生活を余儀なくされています。

被災時には自家農園の敷地にも亀裂が入り立ち入ることができないエリアもあったとのことですが、茶摘みには国内外からたくさんのボランティアや著名な方々からの参加があり「無事作業を終えることができて、大変感謝しています。新しい出会いもありました。」と女将さん。

避難所へ通うことやこのような施設に入ることになった過程で「地域の絆も深まりました」と前向きなご姿勢で営業を続けられています。

ドレッシング

土作りにこだわり生産されたお茶の葉各種に加えて「緑茶の消費拡大」を目指して若夫婦が考案された『くまもとのお茶まるごとドレッシング(180ml680円)』も店頭で販売されています。
こちらはほんのりお茶の風味が感じられながらも、お野菜やお料理をより美味しく彩る味付けです。お茶の葉にはビタミンCが含まれていますので、夏バテ防止にも適しているのではないでしょうか(^^)

『明るく営業はしていますが、被災した自宅や避難所での生活は皆限界に来ています。こうやってマスコミに取り上げていただくことで、現状が伝わり一日でも早い復興が実現することを願っています。』

その言葉からは、お店の方々の「安心・安全な生活」を望むお気持ちが痛いくらいに感じられました。今後も細やかな聞き取りなどを通じて、国や自治体には迅速な対応をお願いしたいところです。

『お茶の富澤さん』さんは、ご家族により『益城復興市場・屋台村』にて元気に営業中です!



【店舗名】Cafe&Bar MONKEY(カフェバーモンキー)さん
【ジャンル】お弁当(味噌汁付き)・ドリンク・軽食・アルコール他
【なび熊本】Cafe&Bar MONKEY(カフェバーモンキー)さん情報(電話番号)掲載ページ ※カフェメニュー詳細や夜の軽食などに関する記述あり。
【メニュー】
味噌汁付き日替わり弁当を500円・ドリンクを100円で提供中
(お弁当はお昼の時間帯・100円ドリンクはよく冷えた缶やペットボトルのもの)
※お弁当は個人や団体からの予約を受けられていますので、店頭での販売ができない日もあるとのこと。
(お弁当の予約も可能。詳細は上に掲載のなび熊本Cafe&Bar MONKEYさん情報掲載ページにて)
※お弁当以外でもカレーなどを販売されている日もあります。
※各時間帯でいろいろなジャンルのメニューを提供されています。
(フレッシュジュースやスイーツなど)

【営業時間】
10:00~23:00(益城復興市場・屋台村営業時間内)
【店休日】水曜(開ける場合も有り・今後変更になる可能性も有り)・夜は毎日営業中!
※内容は7月12日確認。

店頭

Cafe&Bar MONKEYさんについては、テレビの報道などでご存知の方も多いかと思います。特派員も、こちらの益城復興市場・屋台村がオープンした6月25日にMONKEYさんでワッフルをいただいて帰った翌日(だったと思います)、ニュースでご被災の状況を拝見致しました。

世界中ではいろんな方がいろんなことを、いろいろなタイミングで始めながら成り立っている世の中ですので、少なからず今回のMONKEYさんのような状況に置かれることになる事業者さんもいらっしゃるということなのだと思います。
※カフェバーをオープン予定の前日にご被災。本震で建物が飲食店としての使用は不可との判断が下されたとのこと。

それでもやはり、お店の方は「なぜ自分たちがこのタイミングで・・・」とお思いになられたのではないかと察します。

弁当

だけど特派員は気付きました。
オーナーの市村さんとお話して、復興市場・屋台村で働かれている奥様や従業員の皆様のお姿を拝見して、お弁当をいただいてみて・・・。
「このお店の方々にとって、現時点で単にひとつの店舗として成り立たせるに留まるには勿体なさすぎる!」

その具体的な理由として、まずあげられるのは『お弁当が美味しい!』ということ。
市村さんによると、「お客さんの意見をその都度取り入れながらメニューを決定し、すべてスタッフ一同で手作りしています」とのこと。

そのお言葉の通り、その日のメニューは老若男女に人気の白身魚のフライをメインに、バランスのとれたたくさんのおかずが盛り込まれたうれしい内容。
味も手作りならでわのやさしさや、丁寧に調理されたことを存分に感じることができるクオリティーです。

アップ

そして『奥様・スタッフの皆様の働かれているお姿』。
特派員がお尋ねした時にはだいたいいつも3人程の女性の方々がお忙しそうに厨房で立ち回られていらっしゃいますが、その真剣な表情とお客さんへの親切で丁寧なご対応などは、それまでCafe&Bar MONKEYさんとして営業されたことがなかったとは思えない程きちんとしたものに感じられます。

これだけのクオリティーのお弁当をつくることができるのも、皆さんの連携が良いからこそなのでしょう。

最後に『オーナー市村さんのお人柄』。
本来の店舗では「お弁当を販売するなんて考えは全くなかったんです。それでもこういう状況になって、避難所での食事を経験して、手伝いに来てくれている業者さんやボランティアの方々の食事を思って、以前自分が営業マンとして外回りをしていた時の状況を思い出して、慣れないながらもこうしてお弁当をつくって食べてもらっているんです。」

お弁当の内容や手作りなのはもちろんのこと、お味噌汁とセットでの販売(500円)に加えてドリンクを合わせてもお手頃な価格(ドリンク100円)で食事を済ませられること(合計600円)、忙しい中でも1箇所で必要な物が揃うことなど、利用者の様々な状況や立場を考えられたうえでの製造と販売を続けていらっしゃいます。

セット

「予約も受け付けているので、スタッフのみんなはかなり大変だと思います。」
と身内の方々を気遣う一面をのぞかせながらも、ご自身も材料の買い出しやお子さんの幼稚園送迎などとかなりお忙しいご様子。

お若いながらもいろいろな側面から物事を考えて営業を持続されているのは、周りへの配慮とあたたかな気遣いができる市村さんのお人柄があってこそ。

「震災前は親も子供も気兼ねすることなくくつろげるカフェバーを開店するつもりだったんです。子供向けのメニューや軽食、お酒の提供を予定していましたが、今ではこのような状況です(笑)※復興市場・屋台村でも前述のメニューの提供もあります。(時間帯による)それでも皆さんに喜んでいただけているので、それだけでありがたいしうれしいです。」
と市村さん。

キッズ

「とりあえず顔を見に来てください!お子様連れてゆっくり楽しみたいという親御さんやいろんな状況の方に訪れてもらいたいですね!」
※復興市場・屋台村内の店舗近くにはキッズスペースを設けられています(上の写真参照)

益城町復興市場・屋台村には日々様々な方々が、様々な目的で来店されています。
そのような方々にとって、市村さんをはじめとした奥様やCafe&Bar MONKEYスタッフのみなさんのような素敵な方たちがこれから復興と共に夢に向かって歩んで行かれるお姿は、今後の地域の復興や未来と重なるのではないでしょうか。

Cafe&Bar MONKEYさん、改めて開店されるときには、事前にパワーやノウハウをたくさん貯めこんでの再出発となることとなるでしょう。

%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%82%ad

9月16日の日替わり弁当はボリュームたっぷりのテリヤキチキン!
もちろん味噌汁もセットでした☆

『Cafe&Bar MONKEY(カフェバーモンキー)』さんは、ご主人と奥様、スタッフのみなさんにより『益城復興市場・屋台村』にて元気に営業中です!



防ぎようのない自然災害、くしくもそれに遭遇してしまった方々が明るく元気にたくましく立ち直っていく姿が、ここ益城復興市場・屋台村には数多く存在致します。

皆さんもぜひ、足を運ばれてみてください。
逆に元気やパワーを分けてもらうことになりますよ!

この記事はここで一旦記載をとめますが、もちろんまだまだ続きますよ~☆

なび特派員 熊本


トップページ > なび熊本 > 益城復興市場・屋台村 店舗情報 ①♪
スポンサード リンク

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »