"

トップページ > なび熊本 > 熊本郷土料理 だご汁の名店 亭ノ元

2015/11/26

熊本郷土料理 だご汁の名店 亭ノ元

〒861-5535
熊本市北区貢町1133
【電話】096-245-5819
【営業時間】 11:00~15:00 ※ラストオーダー14:30(夜は要予約)
【定休日】 水曜日 ※祝祭日の場合は営業
【駐車場】 10台
【取材許可】 お店の方にいただきました(^^)
なび熊本 だご汁 亭ノ元様 掲載ページ
↑情報を追加させていただきました! 地図の掲載もアリ☆

20151124_112934[1]

ずっと前から行きたいと思っていた亭ノ元(ていのもと)さん。
熊本の郷土料理『だご汁』がおいしいと評判のお店です。

当日は北区周辺で用事があり、関係者と落ち合った後に「とりあえず食事しよう」ということになり、念願の訪店となった訳です。
お店に到着したのは平日の開店時間11時から30分程経った頃。

それがなんと!
特派員の直前のお客さんで座席は一旦満席に(^.^)
30席ほどあるとのことでしたが、その時間帯ですでに埋まってしまっていたのでした。

人気のお店ということは度々耳にしてきましたが、ここまでとは!
「皆さん今から食べられる感じですので、3~40分ほど掛かるかもしれません。」
※待ち時間に関してはその時々で異なるとのこと。

そんな店員さんの言葉をお聞きして
『待ち甲斐があるじゃ~ないの☆』
と益々亭ノ元さんのだご汁が楽しみになった特派員だったのでした。

さて、近くの西浦荒神さんや雰囲気のある待合室で時間を埋めること丁度40分。
通していただいたのは、庭に面して大きなガラス窓が連続しているスペースのテーブル席でした。

20151124_120538

全体的には純和風なのですが、この一角はちょっと和モダンな感じですかね。
畳に座って自然豊かな庭を眺められるなんて、このうえない贅沢!

早速席につき、テーブルに置かれていたメニューを開くとこんな感じでした(*^_^*)↓

20151124_120741[1]

名物の「だご汁」に関しては
■だご汁
■豆乳だご汁
の2種類ある模様。

特派員は『豆乳だご汁』というメニューが置かれていることは知りませんでしたので、「普通のだご汁でも相当おいしい」と評判なのに『更に豆乳バージョンがあるなんて!』とうれしい驚きを感じました。

はじめはその「豆乳だご汁」を単品でいただく予定でしたが、同行者から「定食には塩さばも付いていて、その塩さばもおいしいよ」との情報提供が。
当日朝ごはんは食べていなかったにしてもお腹に溜まるイメージのあるだご汁をこれからいただくので、ごはんまで食べられるか少し心配でしたが、せっかくですので塩さば付きの『豆乳だご汁定食』を選択しました。

お料理をお願いし、心地よい空間に癒やされながら備えてある雑誌などを読みつつお待ちしていると、奥の調理場からは『だご』を打つような『トントン(もしくはドンドン)』という音が。

待合場所に掲載してあった掲示によると『注文を受けてから手打ちしますので、3~40分掛かる場合があります』との言葉があったのを思い出し、「なんだか1人1人のためにだごを打ってもらえるのって、うれしいものだな」とその音を聞きながらしみじみ思いました。

そして待つことプラス20分ほど。
配膳していただいた『豆乳だご汁定食』の全容はコチラ♪

20151124_122714_HDR

いただく前の感想としては、品数は多いですがそれぞれがほどよい量なのではないかと。
しかしなんといってもやはり注目はメインの『豆乳だご汁!』

20151124_122800

豆乳とだけあって、スープは白濁しています☆
特に女性にとっては、なんとも食欲や健康意識をそそる色なのではないでしょうか(#^.^#)

肝心のだごの姿が見えないのはこの白濁のせいかなと思いながらも、早速いただこうと器に箸を入れると。。。
実はそれだけの理由ではなかったんですね、だごが見えないのは。
※その理由は後ほど記載。

だごが平たい!
この情報も同行者から聞いていましたが、ここまでとは★

20151124_122908-(1)

さすがに自分で持ち上げて写真を撮影するのは難しかったため、同行者が注文したスタンダードなだご汁の「だご」を撮影させてもらいました。
ちょっとアップすぎて若干ピンボケですし、実際よりも大きめに見えるかもしれませんが、箸の太さ(ちょっと細めのお箸でしたが)と比較してもそこまでオーバーに写っているわけではないことはわかっていただけるかと思います。

なんだかどちらかというときしめんに近い感じです。
でも食べてみるとやはり『だご』。

それももちもちと程よい触感があり舌触りはなめらか。

通常熊本のだご汁は手でちぎった「だご」を使用するため分厚い部分と薄い部分があり、特派員がこれまで食べてきただごの分厚い部分にはたまに火が通っていないこともありました。実は特派員、だご汁のそのへんがちょっと苦手だったのです。
※大分方面ではこのように平たく製麺されたもの(大分ではだんご汁)が一般的なようです。

それがこちらの亭ノ元さんのだごは平らなため均等に熱が通っており、それまで特派員が持っていただご汁に対するイメージはだいぶ変わりました。
どこを食べてもきちんと火が通っていて触感も均等な「だご」という感じです(*^_^*)

20151124_123705_HDR[1]

しかもそのだごがダシの効いている豆乳のスープとよくなじんでいておいしい!
※後程お伺いしたところによると、ダシはしょうゆと鶏ガラベースとのこと。それを豆乳で割ってあるのでとってもコクがあって奥の深い味わいです。

しかも野菜もでかい!

20151124_123258

きくらげなんかは刻んだ形跡もない感じでごろっと大きなものが入っていました。
その他にも大きめにカットされ里芋(これもでかいのが1つ)や大根、ニンジン、ごぼう、しいたけ、白菜などがごろごろ。
※野菜の種類は時期によりことなるとのこと。

豆乳で白濁しているスープ以外でだごが見えない理由は、この大きくてたくさん入った野菜たちの仕業だったんですね!

もちろんこのお野菜たちは地元産のもの。(とのこと)
この亭ノ元さんがある北区貢町周辺は起伏に富んだ地形に畑や山が広がっていて、そこからはたくさんの農作物が生産されています。
近くには食品交流会館フードパルさんも貢町にあり、周辺施設へ向かう際の目印に。

また、近辺は農家さんが多いため立派な住宅が点在していますが、こちらの亭ノ元さんの建物も古民風の造りとなっており、ほっと落ち着くことのできる空間となっています。
外壁や待合室は土壁になっていて、なんともいえない情緒ある雰囲気です。

ちなみに、風のうわさによると(同行者からの情報ですが)店舗内外に飾られているかずら工芸の数々は、女将さんが製作されたものとのこと。

20151124_115739[1]

建物や周辺の自然の一部のように、さりげなく配置されている作品はどれも素敵なものばかりです。

奥へと続く庭にも自然あふれる環境のなかに木製のイスやテーブルが配置されていて、待ち時間や食後にはゆっくりとくつろぐことができるような空間になっています。

20151124_131417_HDR[1]

このような場所や空間に来て昔ながらの郷土料理に癒される自分って、やっぱり日本人であり熊本人なんだな~ってしみじみ感じた次第です。

今年は秋に入ってもあたたかい日続きましたがここ2、3日ぐっと冷え込んできましたので、これから敷地内や周辺の紅葉も楽しむことができるかもしれませんね。

20151124_113500

お昼の営業時間が終了すると、お店の方々は翌日に向けてのご準備をされるとのこと。
なんとたくさんのお野菜の皮を剥くのに3時間ほどもかかるそうですよ!
大きめにカットするため、前日から火を入れておくなどいくつもの下処理をほどこされるようです。

そんな手間暇愛情をかけてつくられただご汁は、やっぱりそうなるよな~と思えるくらい、体に染み入るやさしいおいしさです。
これから寒くなる冬の時期には更にうれしい内容なのではないかと思います。

皆さんも、亭ノ元さんの熊本の郷土料理『だご汁』を、こんなゆっくりとぜいたくな空間で味わってみてはいかがでしょうか。

冒頭から記載したとおりの人気店ですので、少しの待ち時間が発生するかもしれません。

でもそれは、あなたのためにご主人がだごをご用意してくださるための時間でもありますし、なんと言っても周辺の自然や空間が相手をしてくれますので、余計にぜいたくな時間を過ごすことができることでしょう。

20151124_115521[1]

丹精込めてつくられた熊本の郷土料理『だご汁』を提供されている亭ノ元さん、おすすめですよ!

なび特派員 熊本

追伸
小鉢や同行者おすすめの塩さばもおいしくいただきました。
当初の心配はどこへやら。
結局それらすべてと豆乳スープまで飲み干してしまっただったの特派員でした~(^^)


トップページ > なび熊本 > 熊本郷土料理 だご汁の名店 亭ノ元
スポンサード リンク

コメント

  1. はらだ より:

    西浦荒神さまのすぐ近くですね
    以前、情報番組で知り、行ってきました
    だご汁はもちろんのこと小鉢や塩さば、全て美味しく満足でした。
    ただ、二人で行ったので大きなテーブルに相席でした。
    建物の作りが昔風でとっても落ち着きます

    • emif より:

      はらださん、亭ノ元さんに関するコメントありがとうございます!
      はらださんも行かれたことあるんですね☆
      場所はフードパル近くの西浦荒神さまの道向かい(斜め前くらい)なんですよね(^^)
      周りよりも少し高台にあって、緑に囲まれていて、風情のある古民家の造りで、なんとも素敵なお店です♪
      だご汁を始めとしたお料理全般、素材にこだわり丁寧に作られているのがわかるおいしさです。
      特派員も母と訪れて他のお客さんと相席でしたが、広いテーブルだったのであまり気になりませんでした。
      個別が希望の場合は、お店の方にお伝えされてもいいかと思いますよ^_^
      季節にもよるかと思いますが、待ち時間も楽しむことができる環境ですしね★

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »