"

トップページ > なび熊本 > 金峰山のパワースポット 拝ヶ石巨石群

2015/09/24

金峰山のパワースポット 拝ヶ石巨石群

拝ヶ石巨石群は金峰山の外輪山山頂付近にあるパワースポットです。

【場所】熊本市西区河内町東門寺
満遊くまもと 河内の拝ヶ石

DSCN2511

シルバーウイーク中のことになりますが、渋滞に巻き込まれる恐れのある遠出を避け、熊本市西部に位置する金峰山探索に出かけてきました(^^)v
天気は快晴、気温も夏が戻ってきたような暑さのなか、山麓や山中をうろうろ。

そのうろうろだけでも充分気持ちの良いドライブを楽しむことができたのですが、ここは一つ、この機会に体を動かしておこうということで、「金峰山一ノ岳登山(山頂付近から15分ほどのコース)」or「以前からパワースポットと耳にしていた巨石群巡り(芳野方面の山中にあるとの情報)」のどちらかを選択することに。

とりあえずは一ノ岳のほうへ行ってみようとさるすべり登山口まで向かったのですが、なんとなく、今回は巨石群のほうに心が傾き、まだ足を運んだことがない芳野地区方面へ。

ところどころに設置されている看板を頼りに、県道1号線に比べるとやや狭く自然をより近くに感じることのできる県道101号線をクネクネ登って行くと、山への入り口と推測される道路脇に『拝ヶ石巨石群』という文字と矢印の看板を発見。

車を停め、そこから少し登って行くと、実際の登山道入り口付近に山道と巨石群の案内板が設置してありました。

DSCN2550

「ふむふむ、拝ヶ石山の拝ヶ石巨石群ね。登山道は途中で二手にわかれていて、その分岐を左の方へ登っていくと巨石群か」

それにしてもしかし
「『最大9mにも及ぶ巨石群※案内板より』が、この何のへんてつもない山のなかにあるのかね~」
と思ってしまうよな、ごく普通の登山道入り口です。

michi

ただここでちょっと気をつけて欲しいのが、上の写真で見る限りは向かって左手の道のほうが登山道と呼ぶにはふさわしい感じですが、実は向かって右の道が正しい拝ヶ石山への登山道です。

案内板の後ろには本来正しい登山道への矢印が記載された看板が立てられていたようですが、それが倒れてしまっており、案内板の地図も巨石群あたりばかり確認して進んでしまったため、登山道らしい左の道へ入っていってしまいました。途中でおかしいと気がついて引き返したので大丈夫でしたが^^;

きちんと案内板の地図を確認すれば方角的におかしいのはわかりますが、正しい登山道の導入部とその右斜面はなにやら大掛かりな整備中のようで、いくつかの重機により道が平たく掘り返されていて、とてもこの先に巨石群があるという雰囲気ではありませんでした。

のでみなさん、気をつけてくださいね。

そしていざ正しい道を少し登って行くと、杉林と竹林が混在する気持ちの良い登山道に(*^^*)

DSCN2466

入り口の案内板によると拝ヶ石山山頂までは350メートルとのことで、50メートル刻みで上のような印も立ててありますので、これを頼りに進んで下さい。

登り始めてしばらくすると、中腹の右手、登山道から少し下ったところにひとつ目の石『方位石』が。

DSCN2474

これはその名の通り、「方位(や場所)」を示すための石とのことですが、表面に星座をかたどったような幾つかの丸い穴(案内板によるとペッキング穴※ペッキングとは「ついばむ」という意味のようです。)があけられています。

DSCN2476

確かに、なにかしらの「星座」っぽい配置です。
しかも、石全体に斜めに引っ掻いたような線がいくつも入れられています。(案内板に記載の「レリーフ状=浮き彫りの模様?」)

DSCN2479

更にこの方位石には「『強烈な磁気異常』が見られる(案内板より)」とのことで、なにかしら不思議な力や雰囲気を持った石ではあります。
※石の磁気異常は、その石を構成している成分の影響であったり雷が落ちたことの影響であったりということも多いようです。

この日は元々、ここに来るという予定ではなかったため方位磁石は用意していませんでしたが、どのような理由にしても「磁気異常」の影響を受けておかしな動きをする様子は見てみたいものです。

そしていきなりひとつ目の石でなんですが、特派員的にはなぜかこの「方位石」がこの拝ヶ石山の巨石のなかで一番気に入りました。
星座のような穴や模様やレリーフは元より、なんとなく意識を持って三ノ岳の方角を眺めているように思えて、かわいらしく感じたのです。

ちなみに、各石の手前にはそれぞれ下のような看板が立ててあり、その石の名前や特徴が記載されています。

DSCN2480

地元の中学生が管理しているようですが、とても親切な心遣いです。

この石を過ぎてしばらく進むと、木組みの階段が現れました。

DSCN2484

そしてこの階段、長いのなんの。
しかも途中からはかなり勾配がきつくなり、それに合わせて階段の幅も激狭になります^^;

ここを通過するにはまずスニーカー&ズボンでないと厳しいですし、手をついた時のことを考えると軍手などをしていたほうがよいかもしれません。もちろん足腰や体力に自信がない方は、ちょっと考えたほうがよいかもです。

DSCN2493

なんだかんだでそんな急勾配を「運動のため、パワースポットのため・・・」と思いながら必死に登って行くと、最後はまた少し勾配が緩やかになり、広葉樹も混ざったひらけた場所に。

メインとなる巨石群がある中腹の祠に到着です。

DSCN2501

この祠には木彫の一対の仁王像?と不動明王?(すみません、詳しくないたちょこっと調べで判断しました)が祀られていました。
これ、サイズは小さなものでしたが、かなり細密に掘られています。
3体の顔の表情はさることながら、仁王像の腹筋や不動明王の衣服のしわ・光背などの表現が見事です。

この仏像については、特に記載のある案内板や文献は発見できませんでしたが、素人目にもかなりの技術がある方が掘ったものだと判断がつくほど立派なものです。
特派員は巨石と並べられるくらい、一見の価値有りと判定しました。

さて、この見事な仏像が祀られた祠の周辺にそびえるのが、中腹に位置する『拝ヶ石巨石群』と呼ばれる大きな石の数々です。

DSCN2508

こちらの巨石のなかの一つ、登山道のすぐ横にすくっとそびえる巨石は案内板に記載されていたなかでは一番大きなもののようで、高さは9メートルほどもあるもよう。
※上の写真奥と冒頭の写真のものがその巨石。

地面からほぼ垂直に起立しており、整った形状からは自然のものとは少し一線を画しているかのような雰囲気があります。

なんだか神秘的です。

この巨石群の間をすり抜け、登山道をまた少し登って行くと、頂上にたどり着きます。
『頂上石』や『亀石』がある場所です。

DSCN2525

この頂上では、6つの石がストーンサークルを成しているとのことで、ちょっと上の写真ではわかりづらいですが、真ん中に立ってみるとなるほど確かに円を描くように配置されているのがわかりました。

そしてここで少し不思議に感じたのは、このストーンサークルの中心に立つと、なんだか時が止まったような感覚を体験できたことでした。
しかも、それまでうるさいくらいに顔の周りや手の周りにまとわりついていた蚊の大群^^;が、なぜだかほとんど寄ってこないのです。

風が通って周りの場所に比べて気温が低いようにも感じましたので、その影響かもしれません。
とにかくひんやりと静かで「あ~、ここがパワースポットと言われる所以もなんとなくわかるな」と超常現象に鈍い特派員でも感じることができました。

さて、そのストーンサークルがある頂上付近を超えて少し下りますと、最後の巨石『亀石』が鎮座しております。

DSCN2526

これは明らかに人の手が加えられているような形状で、表面には甲羅のような模様も確認できました。

DSCN2528

この模様に関しては、この写真の角度と色の写り具合から特に亀の甲羅っぽく撮影出来ましたが、実はこれは人工的に掘られたものか自然の模様か判定は難しいようです。
石の成分などにより、このような模様がでてくることもあるようですね。

いずれにしても、昔の人々がこの石を亀に見立てて、形状に手を加えたということは間違いないように感じました。

その他、山の中腹にはメンヒル(長い石という意味のようです。別名鏡石)、や弘法大師にゆかりのあると言われている硯ヶ水(石の間から水が流れ出ている場所。※特派員が訪れた時は水が溜まっているという感じでした)など、それぞれ特徴を持ったスポットが点在しており、1ヶ所のパワースポットとしてはなかなか見応え充分。

当初の目的であった軽い運動も達成できて、下山した時にはなかなか清々しい気持ちになることができました(^^)v

DSCN2498

今回ご紹介したこの『拝ヶ石巨石群』は、案内板によるとその大きさや形状などにより、地元の方々からは信仰の対象として崇められてきている存在とのこと。
確かに、特派員でも山中に次々と現れる巨石には神秘的なものを感じましたし、自然を崇拝するという習慣はとてもすばらしいことのように感じます。

そしてそれは、この人里近いながらも懐が深い金峰山にあるということも、その神秘性を深めた要因ではないかと感じています。

DSCN2560

前回の阿蘇の記事に続いて、今回偶然にもカルデラを有する山の話題となりましたが、熊本にとってやはり火山は切っても切れない生活の一部です。(日本全国にとってですね)

その火山の恩恵を受けながらも、互いに尊重して上手に付き合っていってこそ、自然の一部として生きる人間らしい生活ができるのではないかと、改めて実感した特派員でした。

【追伸】
この時期、金峰山三中の数々の果物園では「梨・みかん・栗」などの収穫が盛んです。
帰りにそれらを購入する予定でしたが、芳野から先の県道101号線を通って麓までおりることができることがわかり利用してみたため、購入はかないませんでした。
これから金峰山や拝ヶ石山に登られる方は、事前にそれらを購入して登山すると、山中や頂上でおいしくいただくことができるのではないでしょうか。
★拝ヶ石山ではこの時期、蚊に注意!

※文中の遠景の写真は芳野から先の101号線沿いから撮影したものですが、こちらもとても気持ちの良いルートでした。
熊本市北区の太郎迫付近へ繋がっていますので、北部方面から拝ヶ石山へ向かわれる方は、このルートを利用されることをおすすめします♪

なび特派員 熊本


トップページ > なび熊本 > 金峰山のパワースポット 拝ヶ石巨石群
スポンサード リンク

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »