"

トップページ > なび熊本 > 日本美術 食品サンプル出張体験の取材レポ1

2015/05/12

日本美術 食品サンプル出張体験の取材レポ1

今回は、今月頭に営業所についての記事を記載した「日本美術」さんの『食品サンプル出張製作体験』を取材させていただくことができましたので、その内容についてレポート致します。

記載の前に、取材を許可していただいた日本美術の橋本さんと主催者の子ども会関係者の皆様に、厚くお礼を申し上げます。

【今回の出張体験の概要】
内容:ミニパフェ制作体験&日本美術橋本さんによる食品サンプル製作実演
ご参加の皆様:熊本市のとある地域の子供会の皆様(子供さん達とその保護者様方)
場所:市内のとあるイベント施設の1部屋(主催者様ご予約)
日にちと時間:土曜日の10:00~11:30(会場は12時までご予約)
※料金に関しては日本美術さんに関する記事に記載しておりますので、そちらをご参照下さい↓
なび特派員記事 超リアル!日本美術さんの食品サンプル♪

DSCN1286

さてさて、ここから、上でご紹介させていただいた内容の出張体験レポートを進めさせていただくわけですが、なんせこのような形式の取材というものは初めてでしたので、どのように記載をして行ってよいのやら冒頭から少し戸惑い気味の特派員。

写真をたくさん撮らせていただいたので、ちょっと文章よりも画像寄りの記事になってしまうかもしれませんが、そのほうが伝わりやすいかとも思いますので、その点ご理解くださいm(_ _)m

今回は、先にも記載しましたように、とある熊本市の地区の子ども会様主催による食品サンプル製作出張体験教室。
教えていただいていた会場に、教えていただいていた時間の10分前に到着すると、すでに20名弱の子どもさんたちが集合しており、保護者の方々と日本美術の橋本さん、スタッフの女性(お名前をお尋ねしそこねてしまいました)により着々と準備を進められていました。

特派員は、後からちゃっかり参加してしまったような感じがして少し恐縮しながら橋本さんや取材を許可していただいた保護者の方々にご挨拶をさせていただいているうちに、キチッと準備が整いいよいよ教室のはじまりはじまり♪

DSCN1280

まずはじめに、橋本さんから簡単な食品サンプルやその業界に関するお話、今回制作体験をする食品サンプルである『ミニパフェ』に関するご説明や注意点などなど。。。

昨今、テレビなどでも時折取り上げられる食品サンプル業界とだけあってか、その内容に親御さんたちも、時折感嘆の声を交えながら真剣な表情で聞き入っていらっしゃいました。
また、ちょこっとだけですが、橋本さんがパフェのクリームを機器を使って実演されたりということもあって、子供さんたちも興味津々。

DSCN1287

とりあえず、この興味津々タイミングでご紹介させていただきますと、今回子供さんたちが製作体験をされる『ミニパフェ』のサンプルがこちら↓

DSCN1299

前回の記事でもプリン・ア・ラ・モードをメインにご紹介させていただいていましたが、こちらのミニパフェも彩りが良くてめちゃくちゃ美味しそうです(^_^)
チョコレートやくだものも、とってもリアルですよね♪

ひと通り橋本さんのご説明が終わった後は、早速、製作体験開始☆
基本的な流れとしては
【トッピングの材料を選ぶ】→【ソースを選んでカップの底に流し込む】→【その上にクリームを絞る】→【トッピング】
という工程。

ここからは、その基本的な流れに沿って製作過程をご紹介させていただきます。
※今回子供さんたちは3班に別れてそれぞれの工程を順番に体験されていたため、人によっては少し工程が前後したのではないかと思います。

まずはじめに、リアルなトッピングの具材を、下の写真に写っているたくさんの種類から決まった数だけ選びます。

DSCN1297

■パーツは1人4個まで
■レーズンは1人3個まで
■ベビーチョコは1人5個まで

DSCN1310

女の子たちはやはり、真剣です(^_^)

次に、色とりどりなソースとなる材料(暖められて液状となった)を選びカップの底に流し込みます。
そのソースの種類は以下の6種類
■メロン
■チョコレート
■ストロベリー
■マンゴー
■オレンジ
■ブルーハワイ

優柔不断な特派員は、ここまででもかなり時間が掛かってしまいそうです^^;

DSCN1306

それに比べると男の子たちは、さすが行動が早い☆
パッと集まりサッと決断といった感じです。

お次はクリーム絞り。
暖められてやわらかくなったクリームの材料を、特殊な器具でソースの上に盛り付けるといった工程です。

こちらは、小さいお子さんはクリームを絞る力が足りなかったり少しコツが必要だったりと、スタッフさんや保護者の方がサポートをしながらといった感じで進められていきました。

DSCN1327

確かに難しいですよね、本物のソフトクリームも絞るの大人でも。。。

最後はトッピング。
作品の印象を決定づける、簡単なようでなかなか重要な工程です。
「一度置いてクリームが固まると、他のところに変えることはできないよ」
と事前の説明で橋本さんがおっしゃっていたことから、こちらもみんな真剣そのもの。

DSCN1339

特に女の子は、いろいろなパターンを想定しながらも、注意の後に橋本さんに教えてもらったコツ(このコツは今回秘密です。実際体験される際に聞いてみてください)を実践しながら慎重にそれぞれのパーツのポジションを決めていっておりました。

そして完成した、上の2人の女の子の作品がこちら☆

DSCN1347

ひとつはなんとも涼しげで、もうひとつは暖かみがあって美味しそう☆
「トッピングは自分の好きなものや普段食べているパフェのものを選びました」
と話してくれたこちらの女の子たち。

個性や好みに加えて、やはり見た目のかわいらしさも意識した仕上がりという感じです♪
ステキですね(*^_^*)

変わってこちらは男の子ゆうと君の作品。

DSCN1356

以前営業所を取材した時に「男の子は食べたいものをとにかく並べるといった感じ」と橋本さんがおっしゃっていたように、男の子らしい仕上がりとなっています(^^)v
それでいて、バランスが絶妙にいいですよね~★

カッコイイ!

DSCN1357

なかには、「すっぱいものが好きなのかな!?」というような、味の好みを充分に連想させてくれるような作品をつくっている子もいて、「子供の個性や想像力ってすごいな~」と感心させられてしまいました(^^)

DSCN1380

乾燥タイムに窓辺に並べられたそれぞれのパフェは、個性豊かなうえに出来栄えもみんな上等!

DSCN1420

最後には、本物のショートケーキの袋に入れて持ち帰るといううれしい演出も用意されていたため、子供さんたちにとっては、とても良い体験&思い出になったのではないでしょうか(^^)v

DSCN1336

特派員も飛び入り参加的なポジションだったにも関わらず、終始なごやかな雰囲気のなかで、子供さんたちの様々な表情や能力を拝見することができて、なんだかとってもうれしかったです♪

それは、一緒に参加された親御さん方にとってはより大きく感じられたことだったのではないかと思いますし、何よりも、大人も楽しむことができる体験であるということがよくわかる内容でした☆

DSCN1344

更に、親子の方は元より、地域の保護者さんたちと子供さんたちのコミュニケーションを深めるイベントとしても、バッチリの体験教室ではないかと感じた次第です。

DSCN1321

最後に、ミニパフェサンプルづくりの後に開催された『橋本さんによるレタス&天ぷらの食品サンプル製作実演』と『サンプル争奪戦!参加子供さんたちによるじゃんけん大会』について記載しようと思ったのですが、結局、ここまでまた結構長くなってしまったので、続きはまた新たにページを作成したいと思っています。

動画もありますので、楽しみにしていてくださいね(^^)
※かぼちゃとしいたけの天ぷら動画については、5/2日記載の「超リアル!日本美術さんの食品サンプル♪」(冒頭よりリンク)の記事の方へ追加しています。

なび特派員 熊本

記載しました!日本美術 食品サンプル出張体験の取材レポ2
http://navitokuhain.com/34205/


トップページ > なび熊本 > 日本美術 食品サンプル出張体験の取材レポ1
スポンサード リンク

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »