"

トップページ > なび熊本 > 桜町&ダイエー下通跡&熊本駅 再開発

2016/09/29

桜町&ダイエー下通跡&熊本駅 再開発

~平成28年の熊本地震で被害に遭われた方々並びに事業者様に謹んでお見舞いを申し上げます~

※こちらの記事では、地震前から建物の解体や建設が進んでいた桜町&ダイエー下通跡地の状況を記載しております。

熊本ではすでに以前と同じように営業を始められている方、まだ復旧途中の方、残念ながら再開を諦められた方などいろいろな状況の事業者の皆様がいらっしゃるいますが、『できるところからがんばろう』という観点から、今後もこのエリアの情報をお伝えしていけたらと考えています。

平成28年9月29日追記
ここ最近月末近くに市内中心部へ向かう用事が定期的にあり、先月29日に続いて足を運んできました。

%e6%a1%9c%e7%94%ba

さて、この桜町のMICE(マイス)建設地で1か月間に変化が確認できるのはどのあたりでしょ~うか?
※8月29日追記の画像1枚めと比べてみてください。

まあ、この距離からは特にどこが進んでいるという状況はわからないのですが、先月に引き続き数台のショベルカーらしき重機が忙しそうに動き回っておりました。
地震の影響を受けながらも、着実に工事が進んでいるというわけですね(^^)

こちらと対象的に、「お~っ」と完成後の姿を想像できるまでに建設が進んでいる様を確認できたのが、ダイエー下通店跡地。

%e9%81%a0%e6%99%af

この記事の記載を始めたときには「仮称熊本下通新天街NS共同ビル」との記載がありましたが、建物にも掲示があるように『下通NSビル』に正式名称が決まったようですね。

株式会社南栄開発さんHP 下通NSビル

%e7%9c%8b%e6%9d%bf

オープンは2017年4月下旬予定とのこと!
半年ほど先ですが、市内の最中心部とだけあってとっても楽しみです(*^^*)

ちなみにNHK熊本放送局さんは、現在建物の外回りの工事に入られているようでした。
(中の状況はちょっとわかりませんが)

nhk

今回の追記は以上です!

特派員

平成28年8月29日追記
朝から熊本市中心部へ足を運ぶ用事がありましたので、桜町再開発エリア&ダイエー下通跡地&NHK熊本放送局建設地辺りをぐるっとまわってきました。

そのなかでも、ここ数日で「桜町再開発エリア(仮称熊本城ホール?)」は『熊本地震の影響で完成が1年ほど遅れる模様』というニュースを耳にしていたため気になっておりました。

桜町

それがいざ現場へ到着してみると、上の画像は新市街側から撮影したものですが、すっかり元の熊本阪神や交通センターの建物が解体されて視界が開けた状態に。

この場所から金峰山を眺めるなんて、ちょっと不思議な光景でした。
(仮称花畑広場にはボランティアセンターが建設されていましたが、すでに閉鎖されているようです)

解体作業自体も地震の影響を受けたかと思うのですが、それでも着実に工事が進められていたようです。

実際の建設時には更なる耐震化の面から工事内容が変更されるとのことですし、費用的にも復興に回す金額分が減額されるとのことですので、期間的なものも含めて地震の影響はかなり大きなものではあるものの、これからの熊本の再発展に向けた頼もしい事業のように感じました。

できれば、何かしら熊本地震に関連する資料を展示するスペースなどを設けて、『復興の象徴』としての位置づけをしていただけたらより有意義な建造物になるような気がしています。

nhk

こちら↑はその桜町再開発エリアの北端(?)に位置する場所に建設が進められていたNHK熊本放送局。
もう随分と完成に近づいているようです。

下通り

そしてこちら↑は地震後の7月上旬にも写真を掲載していたダイエー下通店跡地の様子。
こちらも着実に工事が進んでいる状態でした。

城

↑ 本日は近くまで行く余裕がありませんでしたが、大きな被害を受けた熊本城も修復に入ったようです。
(ちょっとしか映っていませんが緑のクレーンのアーム?のようなものが確認できます)

被害の大きかった地域では再建に時間が掛かっているような状況もありますが、以前から開発が進んでいた中心部では、このように地震の前と同じような光景を目にすることができるようになってきました。

熊本の再興に向けてはもちろん、どちらの地域の復旧・復興も必要です。
それでも『まずはできるところから』、希望を胸に、進んでいきましょう!

なび特派員 熊本

平成28年7月1日】ダイエー下通店跡地追記
地震後初めて、この界隈へ足を運んできました。(写真は6月30日に撮影)

ダイエー

というか、前回の追記は熊本地震前震発生の当日でしたね^^;
あの地震の前と後で随分といろんなことが変わりましたが、こちらのダイエー下通店跡地ではすでに、新しい商業施設の建設が再開されていました。
(そうですよね、もう2ヶ月半経ちますもんね。。。)

でもまだたまに大きめの余震もありますので、作業されている方々はくれぐれもご注意されてくださいね。

なび特派員 熊本

平成28年4月14日】ダイエー下通店跡地追記
近年の建設現場の技術革新というのはすごいのかもしれません。
前回訪れた時から1ヶ月も経っていないのに、このイエー下通店跡地は全く様相が変わったものになっていました。

20160413_114804_HDR

距離は異なりますが、3月22日に撮影した写真と同じ方角から撮ったものです。
鉄筋の骨組みがかなり大規模につくられていました。

そしてそのお隣、通町筋側の更地になっていた場所にも新しいビルが建つようですね。

20160413_114557

(仮称)下通1丁目新築ビル。

20160413_114627

こちらも楽しみです。

平成28年4月14日】桜町再開発追記

20160413_125158

旧熊本県民百貨店建物の取り壊しも随分進んでおり、防音壁(防塵壁?)もここまでの低さに。
お隣の産交ホテルの建物は、市電を挟んだこの場所からはもう確認できなくなっていました。

20160413_125449

こちらはNHK新社屋。
かなり建設が進んでいるようですね。

こうやって見てみると改めて、熊本市中心部は近年稀に見る広範囲かつ大規模な再開発が推進されているとうことを覗うことができます。

JR熊本駅の商業施設も14階建てになるという話を聴いていますので、数年後には熊本中心部はかなりの変貌を遂げていることになるでしょうね。

なび特派員 熊本

平成28年3月22日】ダイエー下通店跡地追記

20160320_160109_HDR

これは3月20日に市役所側から撮影したダイエー下通店跡地の写真ですが、遠くからだと建物がなくなったことがよりハッキリわかりますね。
街は生き物だということも実感します。
ちなみにこの時点での作業工程スケジュールでは『コンクリート打設』の途中とのことでした。

なび特派員 熊本

え~っと、かなり掲載内容が多くてごちゃごちゃしてきましたので、とりあえず平成28年2月10日時点での桜町周辺とダイエー下通店跡地の写真を頭に掲載します。

【平成28年2月10日桜町周辺】
一面防塵?の囲いが。

20160210_162519

【平成28年2月10日ダイエー下通店跡地】
足場建設中。

20160210_155835_HDR

【平成27年11月30日追記】
熊本市中心部の再開発について検索している方が多いようですので、記事を上げておきます。平成27年11月29日付でダイエー跡地と桜町、平成27年11月30日付で熊本駅の再開発について更新しています。

平成28年1月15日
写真で見る熊本駅在来線駅舎とその周辺の現状(←クリックで該当箇所にジャンプ)」に新駅ビルに関する情報と周辺施設に関する写真&情報を追記しました。
平成28年1月2日
◆「桜町再開発事業に伴うMICE施設の建設計画」関連を追記しました。
平成27年11月30日
◆JR熊本駅の開発に関して、情報を追加しました。(写真と感想)
平成27年11月29日
◆「桜町再開発事業に伴うMICE施設の建設計画」関連と「ダイエー熊本下通店跡地関連」情報を更新しました。
平成27年10月2日
◆こらまでの記載で、産文跡地に整備された公園を「仮称花畑公園」と記載していましたが、「花畑広場」の間違いでしたので、該当箇所を訂正しました。
◆旧熊本県民百貨店建物と産業文化会館跡地の変遷に仮設バスターミナルの情報等を追加しました。
平成27年8月25日
◆旧熊本県民百貨店建物と産業文化会館跡地の変遷に情報を追加しました。
◆旧ダイエー熊本下通店跡地の変遷に情報を追加しました。
平成27年7月30日
◆ダイエー熊本下通店跡地に関する情報を追加・修正しました。
◆熊本市電と菊池電車延長に関する情報に写真を追加しました。

平成27年7月3日記載
新幹線の開業から早くも4年が過ぎ、以前よりも多様な賑いが増したように感じる熊本市中心部。
その人集をより一層なものにする目的で数年前から持ち上がっていた、桜町地区の再開発に伴う『MICE施設』等の建設計画。それに加えて、着々と建設が進んでいる様子の最中心部『ダイエー下通店跡』の商業施設。今年に入って計画が発表された『JR熊本駅在来線高架化に伴う在来線ホーム跡地有効活用』計画。

これら中心部に建設が予定されている建物について、記載してみたいと気持ちがありながらもしばらく時間が経ってしまいましたが、久しぶりに周辺へ足を運ぶ機会がありましたので、これを期に情報を少しまとめてみたいと思います。

※とりあえずは、これまで撮り溜めてきた写真と情報が掲載されている関係諸機関や報道などのサイトへのリンクを中心に掲載します。
各施設の計画の経緯などを知りたい方は、お手数ですが各リンク先のページにてご確認ください。現時点では私的な感想などはほぼ控えます。

地図

■まずは、昨年の熊本市長選での争点の一つにもなった「桜町再開発事業に伴うMICE施設の建設計画」関連。

MICE施設整備基本計画等pdfへのリンク(熊本市のサイト)
熊本県民百貨店(平成27年2月28日営業終了)
熊本交通センター(平成27年9月末くらいで閉鎖予定とのこと)
熊本交通センタープラザ(平成27年3月31日営業終了) 最期の一日-togetterまとめ
熊本交通センターボウル(平成27年3月31日営業終了)リンク切れ→http://www.kyusanko.co.jp/
熊本産交センターホテル(平成27年6月30日営業終了)リンク切れ→http://www.kyusanko.co.jp/
ダイソー熊本交通センター店(平成27年6月30日→平成27年7月31日営業終了)
熊本市産業文化会館(平成26年解体済み)

~写真で見る旧熊本県民百貨店建物と産業文化会館跡地の変遷~

平成28年1月2日
年明け早々様子を見に行ってきました☆

20160102_104055_HDR

解体作業も以前追記したときから次の段階に入っているのでしょうか。
元熊本県民百貨店の建物辛島公園側や駐車場などは、シルバーのシートと白い壁(下部)で一面囲われていました。

20160102_105343

元交通センターと交通センター側の元熊本県民百貨店側はまだ足場の状態でしたが。
それと、仮称花畑広場横にしばらく手付かずのまま放置されていたビル(名前は失念してしまいました)にも、同様にシルバーのシートと白い壁(下部)が設置されていました。

20160102_111456

このアングルから見ると、いよいよ解体作業が本格的に始まっているのだなと感じる風景です。

20160102_104849

また、バスターミナルとしての設備もしっかり整備されてきているようで、各乗り場にはなかなか立派な屋根付きのスペースなども整えられていました。(乗り場によるようですが)

20160102_105259

それに加えて、上の写真の13~15番乗り場の後ろにはいつのまにやら『夜CAFE』がつくられていました。※写真画面中央向かって右。

20160102_104622

19番20番乗り場の後ろには産業交通さんの『旬彩館バスターミナル店』もオープン済み。

20160102_104649

バスを待つ間には、どちらもあったらうれしい施設ですよね(^^)

以前コインパーキングがあった朝日新聞の道向かいのエリアには、NHK熊本新放送会館なる建物の建設が始まっていました。
現在千葉城町にあるNHKが移転するということでしょうか。

20160102_105157

なんだかすごいクレーンが設置されていましたよ^_^

20160102_104733

MICEの建設を含めた桜町周辺の整備が着々と進んできているようです。

なび特派員 熊本

平成27年11月29日
再開発が進められている桜町の旧熊本県民百貨店建物、ついに解体作業が始まっていました。向かって右奥の交通センターホテルにも、一面足場が組まれていることが確認できます。

20151129_072547[1]

ちなみに駐車場もこのような感じに。

20151129_072208[1]

お隣産交ビルも同じように足場が組まれており、そこには
『解体作業 平成27年11月12日~平成28年7月31日』
との掲示がありました。

一年近くをかけて、主な建物は解体していくということのようですね。

20151129_071947[1]

あと、交通センターホテルNTT西日本熊本支店さんと物産館が入るビル(こちらは残るようです)の裏、APパークオレンジ駐車場は解体&整地済みでした。

こうやって見てまわると、なかなか広い敷地です。

特派員

平成27年10月2日

20151002_071603[1]

10月1日より仮設のバスターミナルと案内所が稼働し始めたとのことでしたので、足を運んでみました。案内所は前回建設中の写真を掲載していた建物ですね。※建設中にはここが乗り場となると勘違いしてえらく小さいなと思っていたのですが、案内所でした。

小さいながらも有人の案内カウンターや発券機(?特派員は使用したことありませんが)などが整備されていて、早速機能しているようでした。
一角には建設が予定されているMICEや桜町地区・花畑地区周辺の整備概要に関する広告物などが掲示されているスペースも有り、今後の展望をを確認することができるようになっています。

ちなみに仮称花畑広場側から撮影した案内所はこんな感じ。

20151002_072656[1]

営業時間他。

20151002_071931[1]

このスペースを含んだ花畑公園・旧熊本県民百貨店や交通センター・NTT西日本建物の周辺がそれぞれ路線ごとの乗り場となっているようでした。

20151002_072339[1]

産交バスさんのホームページにも乗り場の案内の掲載がありますが、案内板が設置してありましたので(案内所の前)、公共性を考えて画像を載せますね。

http://goo.gl/Gl7G9d

20151002_072257[1]

要所要所に案内の方も立っていらっしゃいますので、案内板を見てもわからないという方はお尋ねされるといいと思います。
※上のイラストの旧交通センター・NTT西日本ビルの前は一般の車は通行禁止となっていました。バスのみ通行可。旧交通センター内部はバスの回転場となっているようでした。
※上記一般車通行禁止区間には横断歩道はそれぞれの端にしか設置されていませんので、案内板を見て近い方から回っていくということになります。

写真は撮影しませんでしたが、花畑公園南側のコインパーキング跡地などは更地にされターミナルの一部となっていましたので、全体的に広々とスッキリした感じになっています。

MICEが完成した暁には交通センターはまた建物内に入るようですが、仮説にしてもこのように開放的な空間となったことで、この周辺の構想とされている『プロムナード』のイメージがほんの少しですが現実味を帯びてきている感じがしました。

20151002_071349[1]

仮称花畑広場から辛島公園と市電を挟んだ南側には、鹿児島銀行と経営統合し、本店の建て替えを済ませた肥後銀行があります。

20151002_073920[1]

また、MICE建設予定地から熊本城のお堀を挟んでその北側にあたる、旧熊本合同庁舎跡地(建物はまだ存続)も、今後観光施設の一部(熊本城と城彩苑の駐車場?)として整備される予定とのことですので、広い範囲が時間を掛けて変遷を遂げることとなるようです。
※旧熊本県民百貨店や交通センター建物も、周辺で解体工事に向けた準備?が進んでいました。

変わりゆく熊本市中心部、今後の展望が楽しみです。

なび特派員 熊本

平成27年8月25日 ※写真は24日時点でのもの】

DSCN2093

産文跡地仮称花畑広場の北側に、なにか建物が建設中でした。
(上の写真画面中央奥の黒いものがその対象物。旧県民百貨店前から撮影)

この場所の向かって左側、一時期時間貸しの駐車場だったところ(下の写真。市電沿いの道路歩道から撮影)が仮のバスセンターとして整備中だったため、それに関する建物?でしょうか。

DSCN2064

交通センターの案内所に確認したところ、現在のバスセンターは今年(平成27年)の9月いっぱいくらいで使用が終了する予定とのこと。
ですので、10月はじめくらいからは上の写真周辺でバスの乗り降りということになるみたいです。

昭和44年開業当時は「東洋一」と謳われ、日本最大級の規模を誇る熊本交通センター、路線の減少なども進んでいるのかとは思うのですが、これくらいの敷地で事足りるのかが少し心配です。

平成27年7月2日
産文跡地に整備が進められていた(仮称)花畑広場(プロムナードの一部?)が芝生とコンクリート仕立てになっていました。旧熊本県民百貨店の看板は平成27年7月2日時点でもそのまま。

mice

平成27年5月29日
産文跡地が(仮称)花畑広場としての整備が進んでいました。旧熊本県民百貨店の看板は閉店後もそのまま。

20150529_075053_HDR

平成27年3月11日
産文跡地が更地となっていました。旧熊本県民百貨店は閉店して11日が経過。看板はそのままに。

P3111449


■お次は、繁華街の中心部:ダイエー熊本下通店跡地関連。

ダイエー下通店(平成27年5月11日閉店)
熊本市 大規模小売店舗立地法に関する手続きについて(熊本市pdfファイルへのリンク)
仮称熊本下通新天街NS共同ビルに関する情報(株式会社南栄開発)
プライムプレイス(商業ゾーンコンサルティング業務受託業者)
VIORO(プライムプレイスがプロマネジメントを行っている福岡天神の商業施設)

~写真で見る旧ダイエー熊本下通店跡地の変遷~
平成27年11月29日

20151129_071256_HDR[1]

こちらは今話題の杭打ち工事中のようでした。
(現場に掲載の工事予定より)
こうやって実際に建設中の現場近くに行ってみると、やっぱりその工程はかなり大事で重要だよなという実感がありました。

ちなみに門の向こう側の上部に見えるのは、下通アーケードの屋根側面でしょうか。
なんてことない景色ですが、ここを見ることができるのは今のうちだと思うと、なんだかちょっと感慨深いです。

20151129_071340[1]

建設現場の壁には上の写真のような文言も。
ということは、こちらの現場では女性の方も建設にたずさわていらっしゃるのでしょうか?
営業を予定されている商業施設は女性向けの店舗もたくさん入ると思いますので、もしそうであればなんだかうれしいし恰好良く&頼もしく感じますね!

特派員

平成27年8月25日 ※写真は24日時点でのもの】

この日もなんだかものすごく背の高い機器設備が、前回の更新時(平成27年7月2日)にも増していくつも稼働中でした。※この写真に写っている以外にも多数。

20150824_104335[1]

大きな建物の建設なので仕方のないことなのだろうと思いますが、音と振動がすごかったです^_^;
25日の大型台風の影響は大丈夫だったでしょうか。

平成27年7月2日
いよいよ建設に関する工事が始まっていたみたいです。

なんだかものすごく背の高い機器設備がいくつか設置され、稼働している様子でした。
地上8階建て地下1階地上7階建て(平成27年7月30日熊本市に提出済みの「(仮称)熊本下通新天街NS共同ビル 特定大型店出店計画書」にて確認)の建物を支える杭を打ち込むための作業?でしょうか。

20150702_155204_HDR

平成27年5月29日
建物の解体終了後も、外からは目立った工事の進展は覗うことができませんでした。
ちょこっと見えている骨組みは、解体に使用された足場の残りでしょうか。

20150529_104153_HDR

平成27年3月11日
この時点で、ダイエー熊本下通店の建物は、ほぼ取壊されていたようです。
解体工事中の画像をニュースで拝見しましたが、タイヨーデパート時代の火災の慰霊祭を、可能な状況の期日まで毎月社員の方が行われていたみたいですね。

P3111430

■最後は、JR熊本駅在来線ホームの高架化に伴い発生する空いた土地等に建設が予定されている複合商業施設関連。延長が予定されている熊本市電と菊池電車についても、少し情報をまとめています。

産経ニュース JR九州、相次ぐ大型開発 熊本駅(平成27年3月24日付け)
JR九州 熊本駅周辺開発について(pdfファイル)
くま経プレス 在来線連続立体交差事業「新熊本駅舎」/0番線跡地について
(pdfファイル)
熊本市 熊本駅部整備イメージ(pdfファイル)
・先行して開業された大分駅なび大分 JR九州-大分駅

~写真で見る熊本駅在来線駅舎とその周辺の現状~

平成28年1月15日追記
少し前の情報ですが、1月3日付の熊日新聞さんに新熊本駅ビルに関する記載がありました。
それによると、建物内には『日本庭園風の緑化施設』の設置が検討されているようですね。
※詳しくは1月3日付の熊日新聞(朝刊)でご確認くださいm(_ _)m

大きさも『駅ビル本体は12階建て以上になるとみられる』とのことですので、かなり大きな規模の施設になるようです。
ちなみに、JR大分駅のあみゅプラサ大分屋上広場が8階、JR九州ホテルブラッサムおおいた上階の温泉てんくうが21階となっています。
それと『同等かそれ以上』になる見込みとのこと☆

なび特派員 熊本

平成27年11月30日時点

20151130_140757

外観的には何の変化もありませんでしたので開発が予定されている在来線のホームの状況を駅員さんにおたずねしたところ、「すべての発着が高架で行われるようになるまでは、まだずいぶんかかります」とのことでした。

そのため、リンクを貼っていた産経ニュースさんの記事を確認したところ、「高架化工事は平成29年度末に終了の予定」で『駅ビルの工事着手は平成31年春からの予定』との記載が。

う~む、随分と先でしたね(#^.^#)
確かに駅を営業しながら大規模な工事となると、時間が掛かるのは仕方のないことのように思えます。
しかし「楽しみ」を越してちょっとした『未来のこと』のように感じてしまうのは特派員だけでしょうか。

これがもし新幹線の熊本駅開業と同時にオープンしていたら、またいろいろな面でだいぶ違っていたでしょうね。

特派員

平成27年7月2日時点
開発が予定されている在来線ホームの手前にある熊本駅舎。
こちらも含めて、大型(7ha)の商業複合施設の建設予定があるようです。

20150702_151556_HDR

平成27年7月2日時点
熊本駅前東A地区第二種市街地再開発事業の一環として建設された「熊本森都心プラザ」。
奥にそびえるタワーマンションの売れ行きは好調だったようで、プラザ3~4階に入る図書館も使い勝手は良いです。
1階のテナントの1室が未だに空いたままな様子がなかなか気になるところですが。

20150702_151627_HDR

平成28年1月15日時点
今年4月に開講予定の大原学園熊本校さん建物が完成していました。
ホームページには昨年の11月29日付けで完成との情報があげられていますね。

20160115_165914

コースは公務員から福祉関係、スポーツ関係(トレーナーとの記載あり)や一般的な事務系など多岐に渡っているようです。
オープンキャンパスも実施されているようですので、入学等を検討されている方はホームページをのぞいてみられるとよいかと思います(^^)

なび特派員 熊本

平成27年7月2日時点
熊本森都心プラザ道向かい(県道22号線をはさんだ)には、専門学校が建設中。
大原学園熊本校(平成28年4月開校予定)

20150702_151508_HDR

~熊本市電と菊池電車延長に関する情報~
朝日新聞 熊本)市電延伸へ調査費計上 熊本市長が方針(平成27年1月6日付け)
熊本市交通局(延長に関する記述はなし)
熊本電気鉄道株式会社

DSCN1681

事業の時期や是非はともかく、変貌を遂げつつある熊本市中心部。
この情報を元に、あなたはどのような熊本の未来を思い描くことができるでしょうか。

なび特派員 熊本


トップページ > なび熊本 > 桜町&ダイエー下通跡&熊本駅 再開発
スポンサード リンク

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

人気の事業者さん記事 調整中!

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »