"

トップページ > なび千葉 > 【千葉スバル木更津】ジュークからフォレスター【購入記1】

2014/08/30

【千葉スバル木更津】ジュークからフォレスター【購入記1】

都会に住んでいる方々はもう車に乗ることが少なくなっていると思う。車のローン、駐車場の確保、保険等考えると車の所有自体の負担が大きすぎる。

ただ木更津や地方に住んでいる人々はまだまだ車が必須の足になる筈だ。
特に木更津生活は小ぶりのアメリカの生活に似ている。車が無いと何も出来ない。

今回、車の残価設定の期限が来たので、残価を調べてもらうとほぼ行って来いの金額。残価が約90万円という事で、そのローンを払うか、ジュークを返して新しい車を再度残価設定で買うか。

という状況になった。

車が必需品の木更津で自身の安全や家族の安全と先進性を考え日産ジュークからスバル フォレスターへの乗り換えを決めた。

スバルに興味を持ったんは、アイサイトが載っているのが一番の理由。

車メーカーとしての総合力はやはりトヨタが一番だと思う。しかしスバルのある意味質実剛健的な技術を追う姿勢こそ日本メーカーとして、また日本人の気質が詰まっているメーカーだと思うからだ。

昔の日本の車メーカーはもっと個性が有った。しかしこれだけ市場が多様化し、個性的な車が生まれづらくなった中、スバルはWRCに参戦し続けたり独自の技術を追求し続けている会社として生き続けていると思う。

アイサイト
http://www.subaru.jp/eyesight/

今は自動ブレーキのシステムは一般的になってきているが、アイサイト(バージョン2だが)はオートブレーキの他に自動追従システムがついていたりする。
実際のレポートは実車が届き乗るところまでレポートしようと思う。

スバルはラリーで大活躍していたし、水平対向だし、ゼロ戦の技術を今に引き継ぐ自動車だし、フルタイム四駆というのも魅力の1つ。

今年の大雪の時には急遽軽自動車にスタッドレスに替えた事で外出も出来たが、フォレスタだと普通タイヤでなんとか走り抜けただろう事も理由。
今、住んでいるところは丘陵地帯の上の方なので実は大雪の時、海沿いよりもかなり積もった。雪の坂でも威力を発揮してくれる筈だ。

フォレスタはフルタイム四駆なので安全性のマージンも高い。

スバルは人気メーカーでは無いが技術が生きている。市場に媚びを売らない姿勢とでも言うか。まあ女性には人気が無いかもしれないが、4WDで国内には右に出るところは無いだろうし、世界でもこの価格でこのハイテク感はなかなか無いはずだ。あらゆる状況での走破性が高いのと、アイサイトで首都高の運転も楽になる筈だ。まさに木更津住まいにはもってこいの車だと思う。スバルにはメイド・イン・ジャパンが生きている。

という事で、今回はフォレスタの購入プロセスからレポートしよう。

木更津 千葉スバルへ

残価設定

以前、君津のスバルに行った時に見積もりを取ったことがある。
ただその時は残価設定の見積もりでは無く通常見積もりだったのでローンの月々が6万超で、え?こりゃ買えねえと思っていたのだが、ジュークの満期が近づいたので木更津スバルに行くと、ディーラーの用意している残価設定例がだいたい月々4万円程度だったので、これなら問題無いという事でターゲティング出来た。

残価設定というのは購入する時に例えば3年後100万円とかの下取り価格を設定し、その残りをローンにする。例えば300万円の車なら100万円を残価設定し、200万円のローンを組む。なので月々が安くなるのと、例えば3年後にその車を引き継ぎ利用する(残金一括かローン)か、その車を査定して引き取ってもらうか(残価設定金額より高いか安いかで、追加支払いするかしないかが決まる。)を決定出来る。

今回のジュークの場合は残価で収まっているので車を返す事にし、新たにフォレスターにする選択をした。

出来るだけ近くの安心出来る店

実は車で大失敗した事がある。
さいたま市に居た時にホンダ フリードをやはり残価設定で乗っていた。
木更津に来た時に車内の居住性を考えトヨタ エスティマに決めた。
(3列目が床下収納出来、2列目の居住性が圧倒的に広い)
お客様の送迎に最適だと思ったからだ。
で、ホンダにその旨伝え、木更津だからこっちで買うと言ったら、そのホンダの担当がうちでも対応出来ると言われた。

なかなか良くしてくれていた担当なので邪険にも出来ず、本当に大丈夫なの???と言いながら、『大丈夫です!』と言い切られ、結局、ホンダでトヨタのエスティマを購入するという裏ワザで車をやはり残価設定で買った。

で、納車の日。

エスティマを載せた配送者で担当者は現れ、ひと通りの説明をしてくれたのだが、その後急に、『実は今回言わねばならない事があるんです。』と担当。

『何?』と聞くと。

『実は私、今日が最後で実家の仕事を次ぐためにホンダを辞めるんです。』

『え???? なによそれ』

と私。

でも、会社を辞めるのは自由だからそれは彼の事情だ。
という事で木更津に納車の日に、埼玉県川越のホンダの担当者が辞めた。。。。
という経緯がある。

さて困ったのは、その車の整備やら普段のメインテナンスだ。
結局、近くのほたる野のトヨタのディーラーが流石な対応をしてくれて、そこで整備とかはするようになったのだが、通常、しっかりしたディーラーはディーラー側で対応してくれる。

情にほだされ木更津に居ながら埼玉県川越のホンダからトヨタの車を買ったのだが、結局、それは大失敗だった。それはないだろう??!の世界。勿論、その後、その川越のホンダからはなんのサポートも無い。良い人だっただけに残念な事だったが、結局ユーザーがそのしわ寄せを受けるのは哀しい。

という事で車屋は出来るだけ近くの良心的な店で買うに限る!!
ところが車屋ってえ奴ぁ、かなりヤク◯な商売で信用出来るところがなかなかない。中古車など信用出来ない嵐になるので注意が必要だ。
という事でやはりスバルのディーラーに行く事にした。
(ただ販売店は独立の株式会社なのでほとんどがメーカーのディーラーでは無い。)

木更津 スバル フォレスタ試乗

さて木更津スバルの対応だが担当はHさん。
釣り好きの若者でナイスな若者だ。彼は自分でもフォレスタを乗っているので彼自身の車に試乗させて貰った。可哀想に自分の車を試乗車の変わりにしている。ただその事が逆に彼の誠実な性格が分かる一因になった。

この時点では私はまだ自分の身分は明かしてないし、このようなブログを書く事も言っていない。

木更津に居ると首都高に乗る機会が結構多いのでアイサイトが助けになると思った事も選択の理由だ。日産ジュークはクルーズコントロールも無いので結構運転が疲れるのと、先日、アクアラインの覆面パトカーに捕まったのも制限速度がアクアラインは80Kmとか入り口は40kmとか速度変移が多い事もある。
出来るだけクルーズコントロールで走った方がふいにスピードが出たりしないので警察にも捕まらないし、安全だ。

この車はかなりハイテク感が満載だ。アイサイト自体は今バージョン3までいっているがフォレスターはまたバージョン2。なので車線感知まではしない。
感覚コックピット内のほぼ手が届く位置で殆ど操作が出来そうなので水没を気をつける以外かなり快適だろう。

(凄いけど水とか入ると危険そうとか言われたりするが、それは後でまた方法を考えよう。便利になるともっと不便になったりする。同じような話はパソコンは買った方がいいよと勧めるとえ~、パソコンなんて。。。うんぬんと、パソコン嫌いの人々から散々聞いたのと似ている。)

P1230957

この写真はレボーグ

実際、アイサイトをセットすると前の車をターゲティングし、その車に追従、止まる。多分、これも慣れが必要なのと全部が全部機械には任せられないだろうが皆の安全マージンはかなり高くなる筈だ。

アイドリング付近で少々バタつく感じがあるが、試乗の走りはかなり安定している。Hさんの車は買って1年程度という事なのでもう少し経つと各パーツがこなれて一番落ち着いた感じになるだろう。

あとシートのフロントが電動で、これもジュークは手動だったので他の人と私が乗り換えるとバックミラーやらの再設定が面倒だったのだが今回少しは楽になる筈だ。ただ、パッセンジャーのメモリー機能はフォレスタには無いのでやはり座席位置はその都度変えねばならない。

フォレスタ 値引き交渉

この時点で私は自分の身分を明かした。『実は私はネット関係の仕事をやっている。
地域情報を提供する仕事をやっているので、スバルさんの話は事実をブログに書こうと思っている。
実はいままでホンダも日産もこういった記事を書かなかったのだけど、木更津のスバルさんの対応は今まできちんとしているので記事を書かせてもらおうと思う』

と正直に言った。

『だからあまり下手な事は言わない方がいいよ。』

ということで、実はフォレスタの値引きの一覧をネットから引っ張りだして、値引きの交渉ただきだいに。
ただ、値引きというシリアスな話なのでここでは具体的な話は辞めておこう。

木更津 スバルさん! 偉い!
とだけ言っておきます。ww。

カーナビをどうする

日本の産業の屋台骨はもはや車だけになった。
電器産業は壊滅的で、その波はカーナビも同様だ。
ジュークのカーナビは妻も乗るので英語表記にこだわったので日産の車にトヨタの純正のナビを付けてもらった。
ところがやはり日産純正では無いので色々と使い勝手が悪かったので今回はスバル純正のナビをつけようと思い、Hさんのオススメモデルに当初はしようと思ったが。。。。やはりここはIT企業の社長としてはいやいやダーメダーメ!ちゃんと調べるだ~よ。
という事で、カロッツェリア、パナソニック、ケンウッドを調べた。。。。。

この記事は次の記事に移行しましょう。

実はカーナビはスマホのマップがもはやナビ機能を持ち始めているので、ここの領域は未来において大きなイノベーションが起きる可能性がある。これは目が話せない分野なので1つの記事としてまとめよう!

日本のカーナビ事情 – フォレスター【購入記2】に続く

なび特派員 千葉


トップページ > なび千葉 > 【千葉スバル木更津】ジュークからフォレスター【購入記1】
スポンサード リンク

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

人気の事業者さん記事 調整中!

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »