"

トップページ > なび千葉 > ローズマリー公園 道の駅 南房総市

2013/06/25

ローズマリー公園 道の駅 南房総市

名称:道の駅 ローズマリー公園
郵便番号:299-2521
住所:千葉県南房総市白子1520
電話番号:0470-46-2882
営業時間:9:00~17:00
休館日:年末のみ不定休有りの記述
URL:http://www.rosemary-park.jp/
南房総いいとこどりURL:http://www.mboso-etoko.jp/
はなまる市場:http://www.hanamaruichiba.com/
施設情報:国土交通省URL:http://goo.gl/oqMGb
となりの宿泊施設:ローズマリーしおさい
なび千葉:http://navichiba.com/0470-46-2882/
取材許可:丁寧に受けてもらいました。 情報掲載日:2013年6月24日

ローズマリー公園

ローズマリー公園

まだ房総の位置関係を明確に理解しておらず鴨川と館山がそこそこ近いと思っているのだが実際に距離がかなりある。鴨川は鴨川シーワールドは有るし、有名な亀田病院も有る。大きなリゾート施設も沢山あるので鴨川は大量の人員を吸収出来る街だ。
鴨川から海沿いをずっと館山方面に走ると徐々に建物も減ってくる。 海沿いの自然を堪能しながらドライブが出来るのが房総黒潮ラインと房総フラワーラインだ。
ここは単に走ってるだけではわからない位、面白そうな所が点在している。
房総フラワーラインに入ってからすぐの所に道の駅、ローズマリー公園の看板が。
ここはイングリッシュガーデンを基調にしたかなり綺麗な施設なので立ち寄る事にした。

ウィキペディア 南房総市

綺麗な施設だ

綺麗な施設だ

南房総市の事はまだ全く知識が無い。


大きな地図で見る

鴨川市と館山市の間にある市。ここはある意味一番ゆったり出来るかもしれない。
大々的に観光化されている訳でも無く、自然と建物がゆったりしている感じだ。
教会っぽい建物の中にインフォメーションセンターが有ったので写真許可を貰った。

シンメトリーの感じ

シンメトリーの感じ

まずここの正面にあるのが、はなまる市場だ。
もともと、この道の駅は南房総市の施設だったらしい。また『ちばこく』という千葉国道事務所のウェブページには道の駅の一覧が有るので国土交通省も絡んでいるのだろう。ただ、ご多分に漏れずここの運営も上手く行かなかったようで、『はなまる市場』は民営化された。
この日ははなまる市場の店長さんと、農産物担当の次長さんに色々な再建苦労話を聞かせて貰った。

はなまる市場

はなまる市場

まず店外には沢山の花が置いてある。ただここの『はなまる市場』は季節ごとにかなりイベントをやっているようでやはりビジネスの気合が違う。公務員と民間では利益を上げねばならないという条件が全く違う。本当の根幹インフラ以外、国は一切経営をしないほうが良い。
(ただ民間と言っても出資者が国の場合の民営化もかなりあるので全部が全部成功している訳では無い)

はなまる市場の命名通り花が出迎えてくれる

はなまる市場の命名通り花が出迎えてくれる

中に入ると明るい店内ときちんと整理整頓された商品レイアウトが飛び込んでくる。
色々な道の駅に行って思うのは地産地消や、地域名産品をどのように売るかというプロモーションがどこも上手くない。
通常の市区町村運営の道の駅はレイアウトに工夫は無いし、価格的にはそんなに安くないパンやお菓子を単にビニールに入れて売っているだけだったりする。それは例え一億円のダイヤでも100円ショップに置いて有ったら一億円に見えるか?という問いと同義だと思う。

さすが此処の会社の次長さんは色々と説明してくれた。
子どもに親の似顔絵を書いてもらったら、ソフトクリーム?(確かで無い)を無料で上げる企画をやったら店内が似顔絵だらけになり大反響だったという事。ソフトクリームで似顔絵を書いてもらい、そして他の商品も沢山売れた事だろう。民営化する前はここは『ン千万円』の赤字だったということだ。結局、こういう努力する人々が居る事が重要な事になる。今の資本主義の条件の中で赤字を垂れ流す仕組みは生き残れない。
皆さんの努力で黒字に大転換したという事を聞き、やはり与えられた条件でも必死に企画し、努力すればなんとかなるという見本の話だと。やっぱり人だ。無理だ。からは何も生まれない貴重なお話をありがとうございました。

はなまる市場内部

はなまる市場内部

薄暗い単に商品を置いてあるだけの道の駅とは雰囲気が違うでしょう。
ここの道の駅はまた南房総に行った時には行ってみようと思う雰囲気がある。
結局、リピーターをどう得るかと、新規顧客をどう呼ぶのか?少子高齢化が加速をつけ始める中、地方がどう生き残るかは日本の命運を握る。

工夫の店内

工夫のある店内

はなまる市場の次長さんは大変元気な方で取材も普通は写真は駄目だけど今回は良いでしょうと。(冗談で)
当初、南房総だけの食材しか扱っておらず、地域の農産品を集めるのが大変だったという事。
そこでこのびわも富浦という近いのだけどテリトリーの違う場所と交渉して取り寄せるようにし、商品を充実させていったらしい。
民営化前はそういった工夫もせずにただ商品を並べただけなのだろう。

日本は実はそんな事だらけだだと思う。
是非、皆でアイデアを出しあいながらより良くする事が大事だと思う。

それと最近木更津に来て思うのは、『よそ者』を排除すべきでないという事だ。
古くから居る人々がよそ者を排除すれば、それらの人々が高齢化していった時にその地域は根絶する。先日木更津市役所に行って分かった事は市街化調整区域には家はもう家は簡単に建てられないし、商売も出来ない。すると今有る家をなんとかするしかない。しかし、どんどん住む人が歳を取り、その次の世代がその収入を継げない場合、その家は没落するしかない。限界集落は東京近郊でも起き始めている。若者は地方での産業が成り立たなくなると結局、都会に行く。
そうなると地方は寂れる一方になっていく。それが今の地方の市区町村のやっている事だ。

なぜか?市区町村は家が点在される事こそ困るのだ。水道や、ゴミや、避難や、家が点在していることで効率が悪くなる。だからそれらを放置し、人間がいなくなるように誘導している。少なくとも木更津市役所の都市計画の担当者は木更津市は大企業だけを優遇し、中小企業へは投資の機会を与えないんですか?と聞くと、『そういう事になりますね。』と言い切られた。

一生懸命、起業し、会社を移転し、県税、市税を収めている事業者に言った言葉だ。私はその言葉が忘れられない。ならばこの市区町村の為に努力をする気持ちがどうなるかこの担当者はわかっているのだろうか。。。。

それらを防ぐのは人の力しかないのだが。市区町村レベルが良くならねば国家など良くはならん。
もう一人の力では何も出来ない。出来るだけ多くの人々が結集するしか方法は無いのに。。。。。。。今も昔も役人は。。。。。。。

南房総市の施設の中、同じ条件で戦っている人々を見てその思いを強くした。まだこの国は見捨てられぬが。。。。

なび特派員千葉
新城
2013年6月25日


トップページ > なび千葉 > ローズマリー公園 道の駅 南房総市
スポンサード リンク

コメントを行う

*

特派員の印象評価です。応援したい皆さんもどうぞ

スポンサード リンク

ネットフロイドプロモーション いつかきっと

ネットフロイド グーグル+オフィシャル フォローしよう

スポンサード リンク

最新の情報

三六窯さん 熊本地震から復活!

※文中に6月22日付けで追記が有ります。 平成28年4月16日の熊本地震本...

続きを読む »


熊本城 熊本県の観光地 名所・旧跡

熊本地震から半年が過ぎましたが、現在でも城内は立ち入りが禁止されている区間が存在...

続きを読む »


H28年 熊本地震各地の被害状況(コメント追加)

今後復旧に関する記事は以下のサイトに追記していく予定です。 【地震】H28年 ...

続きを読む »


高野病院 森都病院他 大江建設情報

以前の記事が1万文字を超えてしまいましたので、新しく作成しました。 これまでの...

続きを読む »


Windows10 Anniversary Update について

【平成28年10月12日追記】 『Windows10 Anniversary ...

続きを読む »